interest

~佐久間大介くん(Snow Man)が大好きなYumaのブログ~Since2010.7.5~
TOPスポンサー広告 ≫ 瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々(1/29 19:00)TOP観劇記録 ≫ 瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々(1/29 19:00)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々(1/29 19:00)

今日は会社帰りに舞台を観に行って来ました~。
すごい題名ですよね(笑)

大好きな原田優一くんが出ていたので行ったんですけど、題名を見て一抹の不安が・・・・(笑)

お話的には、名の通り瀧廉太郎のお話なんですけどいいお話でした~。
個人的に瀧廉太郎が好きというわけではないですけど、あんなに知ってる曲があるんですね。

舞台のあちこちで、曲が入ってましたけど何だかこういう曲って和みますね~。
大人になってからはまず、歌うこともないし聞くこともないですが久しぶりに知っている曲をたくさん聞いて、日本っていいな~と思いました。

最後に、キャストの皆さんで故郷を歌ってたんですけど、何だかジーンとして涙が~。

原田くんは相変わらずキレイな歌声で、そしてちょっとおちゃめな役でした~。

そうそう!
相変わらず、事前に全く予習をしていかない人なんですけど、佐野瑞樹くんが出ていてびっくりしました。
いい声だった~~~~♪
生で見るのは・・・・・・・初めてかも。

今日は、アフタートークがありました。
っていうか、あることも知らなかったんですけど雰囲気的には毎回やってるのかな?
空席多かったので、それでかもしれないですけど。

今日は、原田くんと、元モーニング娘の新垣里沙ちゃん、元宝塚の和音美桜さんの3人でした。
司会は、演出家の板垣さんって方がやってらしたんですけどなかなか面白かったです。

板垣さんが、とっても素敵な方で役者さんによって、演出を飲み込むスピードが違うからお稽古からしばらくは、その役者さんがどんなタイプかを見守ってるんだそうです。

演出家の方は、基本的に台本を一字一句変えずに演じて欲しい方と、そうでもない方がいらっしゃるらしいんですけど、板垣さんは後者らしく。
自分が演出付けたものを、役者さんの感性で変えても全然構わないし、逆に自分が思ってる以上のものを引き出してくれることも多いので楽しみなんだそうですよ。

演出家は、舞台のおぜん立てはするけど最終的には役者さんが作って行くから信じるしかないと。
すごい素敵な方だな~って思ってお話聞いてました。

原田くんが面白くてですね。
新垣さんは、初日からほぼ完ぺきに台本を覚えてきて、ほとんど台本持たないでお稽古していて皆さんびっくりしたそうなんですけど、原田くんは全く逆らしく(笑)
基本、雰囲気で演じるらしく(何かそんな人どこかにもいましたね・・・・・某佐久間くん(笑))結構、自分でセリフを変えちゃうらしいです。

もちろん、全て変えるんじゃなくて実は忘れちゃうことが多いらしくて、とっさに文字数同じ言葉を作っちゃうんだとか。
歌に当てはめるの難しそうですよね・・・・・・(笑)

久しぶりにアフタートークを見ましたけど、やっぱり舞台を観た後に舞台裏の話が聞けるのは楽しいですね。

あ、楽屋では皆さん本当に仲良しらしく、開演前までに笑い疲れちゃうそうです。
で、いつも常にしゃべってるのは佐野くんらしいです(笑)
彼が黙ってる時は、何か食べてる時か寝てるときだって原田くんが言ってました。

決して、派手な舞台ではなかったですけど心温まるほっこりした舞台でした☆
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。