interest

~佐久間大介くん(Snow Man)が大好きなYumaのブログ~Since2010.7.5~
TOPスポンサー広告 ≫ 格差のお話TOPその他ジャニーズ ≫ 格差のお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

格差のお話

何だかモヤモヤなままですが・・・・・・・

ちょっと思い出したことがあったので。
V6のお話なんですが・・・・・・

V6に関して言えば、デビューした当初からトニセン、カミセンに分かれていても~有り得ないくらいの格差がありました。
私は、最初から坂本くんファンだったので当時はカミセンメンバーにあまり良い印象を持ってなかったです。

まぁ、当時は剛健がものすごい人気だったのでファンの中にも心ないことを口にする方も多かったんですが。

例えば、コンサートのMC。
カミセンの3人は全くしゃべらないので、トニセンの2人が話を進めてたんですけどそんなトニセンに向かって「剛くんしゃべって~!」とか叫ぶ方多数。
当の剛くんは、にこりともせずムッとしたまま何もしゃべらなくて、何なのあの態度って思った記憶があります。

当時は、事務所としてはカミセンだけを売り出したかったけどまだ3人じゃ若すぎてどうにもならないので、3人が育つまでとりあえず、トニセンの3人をくっつけている。
カミセンの3人がある程度育ったら、V6は解散、トニセンはお払い箱って噂でした。
まぁ、真相はわからないんですけど当時のV6のCDはひどかったですよ。

ジャケットなんて、カミセンが前列なんて当たり前でひどい時なんてトニセンは後ろの方に小さく載ってるだけ。。。。。
何だかな~って思った記憶があります。

でも、デビューして数年たって。
確かにカミセン人気は凄かったですけど、実は事務所が思っていたよりもその人気は続かなかったんですよね。
やっぱり、カミセンファンは若い方が多いので皆さん次へ・・・・・・って感じでしょうか。

ところが、トニセンファンは基本年齢層も高いので(私も含めですが(笑))、安定した人気で。
気が付けば解散することもなく、普通のグループになっていた感じです。

まぁ、V6の場合は上の3人がって感じだったので、年齢的にもじゃあ辞めて・・・・・って訳にはいかなかったでしょうから、本人達もきつかったと思います。
それでも、地道に頑張って来たから今の、V6がある訳で。

Sexyxoneの場合は立場が逆転してるので、何とも言えないところですが人生長いですし、松島くんやマリウスくんのファンの方も応援してますし、頑張って欲しいな~と思います。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。