interest

~佐久間大介くん(Snow Man)が大好きなYumaのブログ~Since2010.7.5~
TOPスポンサー広告 ≫ 滝様からのお手紙のお話♪TOP舞台 ≫ 滝様からのお手紙のお話♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

滝様からのお手紙のお話♪

さて、昨日はあまりの脱力感にちゃんとお伝え出来ませんでしたが滝様のお手紙のお話を先に書きたいと思います。

相変わらず、佐久間くんの涙につられて私も号泣していたのでちゃんとメモが取れていなくてニュアンスだけではありますが、少しでも皆様に伝われば嬉しいです。

以下、隠しますね。


今年も号泣ポイントは、滝様のお化粧シーンでした。

実は、もしかしたら今年もここのシーンでSnow Manから何かあるかも・・・・って思ってたんですよね。
でも、流れはきっちり決められてましたし映像も普通に始まって、宮舘くんが説明を始めまして。

でも、佐久間くんが「女形鷺娘・・・・・」って言ったあたりで、滝様が急に後藤くんにお手紙を渡してSnow Manのところに持ってきました。

なべちゃんに渡してたんですけど、本当にSnow Manは知らなかったみたいで聞いてない!とかマジ何?とか言ってました。

そして、なべちゃんが封筒の中からお手紙を取り出して読みました。

そのお手紙は滝様からSnow Manへ宛てたお手紙でした。

お客さんの中には知らない方もいるかと思いますが、去年の千秋楽ではSnow Manのみんなが俺宛に手紙を書いてくれたので今年は自分からSnow Manに手紙を書こうと思ったと。

ちなみに、後輩に手紙を書くのは初めてだそうで、照れ臭いので、これが最初で最後だとも言ってました。

そして、なぜ本題に行く前に深澤くんの愚痴を(笑)

博多では毎日一緒にいたおかげで、先月のカードの支払いは大変だった。
深澤くんは、博多では貯金が出来たと思うので、奢ってもらってください。

このお話で会場内は爆笑の渦に~。
さすが滝様です。

そして、本題。

今まで、たくさんのジュニア達と過ごしてきた中で、Snow Manとの出会いはある意味特別だったと。
最初は、この子達大丈夫かなと思ったりとか、気持ちが伝わればなーとか、手がかかるなーとか頭を抱えたことも正直あったそうです。

今でもまだまだ頼れないところがあると敢えて今は言いたい。
それは、もっともっとSnow Manとして大きくなってもらいたいと思うから。

この間、Snow Manのあるメンバーが言っていた言葉。
「俺たちはジュニアのトップになる」

これを聞いた滝様は、胸が痛くなりおもいっきり怒ってやろうかと思ったそうです。

滝様は、ここ数年、どうやったらSnow Manが大きく見えるか、どうやったらいいグループになるかを考えてきた。

Snow Manの今の目標がジュニアのトップ?っていうのは滝様から見たら違うと。

今、目標にすべきことはデビューして本物のSnow Manになることが目標だと。

(ここら辺、もう佐久間くん号泣してました。でも1つだけ言ってしまうとジュニアの一番になれ!って滝様が2年前の沖縄でSnow Manに言ったんですよね。だから、そう言ったんだと思います)

でも、これはSnow ManだけじゃなくてThey武道、MADE、MADも大我くんもハセジュンも形は違うかもしれないけど、目指してる場所は同じなんだと思うと。
今回参加したキャスト全員みんなのことを大事にしたいって思ってるそうです。

だからこそ、厳しくすることもあったかもしれない。
本気で笑って本気で怒る。
これが、滝沢スタイル。

そして、ここからはSnow Man1人ずつへのメッセージ。

阿部ちゃんへ。
阿部ちゃんはとにかく頑固。
その頑固が、邪魔をすることがあるかもしれない。
もっと、肩の力を抜いてもいいんじゃないかと思う。
その壁がなくなったときに、もっとカッコいい阿部ちゃんになると思う。
頑張れ、阿部ちゃん!

佐久間くん。
君は凄く魅力があると思う。
芝居をもっとやらせたい、もっと踊らせたいって色々思ってる。
でも、なかなか前に出ようとしない。
岩本くんと深澤くんが前にいたりするといつも遠慮がち。
それはよくないと思う。
もっと自信をもって、もっともっと前に出てください。

続いて宮舘くん。
阿部くんと同じく頑固だよね。
でも、博多で初めて個人的にご飯に行ったそうです。
その時の宮舘くんは子供のような顔でいつもの表情とは違ったとか。
宮舘くんも、自分の考えを前に出さないタイプだし、何でも器用にこなしちゃう。
もしかするとSnow Manの中で一番、下で一番支えているのかもしれない。
おとなしい宮舘くんだけど、Snow Manの中では大きい存在かもしれない。

自分で言いますけどって前置きをして、渡辺へ。
怒っても怒っても何度言っても忘れちゃうらしいです。
ここ数年、本当に悩んでいたそうでこんなジュニア、初めてだって。
滝様が諦めたらダメだと思いながらも、今回で言うのは最後にしようと決め、一度稽古中にみんなの前で「そろそろ真剣になれよ」って滝様がなべちゃんに言ったんだそうです。
その答えを言うつもりはないけどいつか自分に後輩が出来たとき、きっと答えが見つかると思うって言ってました。
このお言葉をいただいたなべちゃんははかなり変わったとも言ってました。
どんなに時間がかかっても諦めないでやってください。

深澤くんへ。
去年、三郎役をやったときに何回も俺とぶつかりあって滝様の楽屋で泣いたこともあったとか。
深澤くん、稽古に入る前に今年は三郎やらせないからと言われたそうです。
それはただダメだからとか、そういうことじゃなくて深澤くんにもっと本気になってもらいたかったから。
今回ののりぞうは、オリジナルの役で前回より出番が少ないので、ファンの方は物足りなさを感じるかもしれませんが。
でも敢えて、深澤くんのための時間が欲しかったと。
どれだけ短いシーンで存在をアピール出来るか、どれだけお客さんに残せるか、のりぞうは深澤くんだけのものなので、最高の宝物にするつもりでラスト乗りきってください。

岩本くんへ。
滝様は普段、岩本くんと話すことはあまりないそうです。
言いたいことがあっても、お芝居がちょっと違うなと思っても実は敢えてあまり言わないようにしているそうでそれは岩本くんの感性を見たいから。
新橋演舞場に入ってから、短い時間ではあるけど初めて二人きりで話をして心の目と目を合わせて、初めて話せたと思ってるそうです。
体が大きな割には落ち込むと小さくなる岩本くん。
大丈夫!
君にはSnow Manもいるし、俺もいるよ。
そしてみんながいる!

今回、博多からやってきてすごく感じたこと。
ぜひ、Snow ManとSnow Manのファンのみんながひとつになって欲しいと思う。

そして、もっともっといいグループになってください。
これには時間がかかります。
たきつばも、ファンと10年かけてひとつになったと実感しています。

ひとつになったときに、ファンのありがたみ、恩返しが出来ると思います。

滝沢歌舞伎は今日で終わりますが、滝沢組はまだまだ終わりません。
早くデビューして早く滝沢組を卒業してください。

他のキャストにも違う形で気持ちを伝えたいと思います。

Snow Manありがとう。
They武道ありがとう。
MADEありがとう。
MADありがとう。
京本大我ありがとう。
後藤、石垣ありがとう。
長谷川ありがとう。
そしてみんな本当にありがとう。
お疲れ様でした。

5月6日
座長、滝沢秀明より

PS最後に。渡辺モノマネしてください

オチがあるところが照れ屋さんの滝様らしいですよね。

ニュアンスで書いてる部分が大部分ですが、とにかく滝様の愛情がたっぷりこもった本当に素敵なお手紙でした。

何より滝様がSnow Manの1人ずつのことを本当によく見ていてくれていたのには感動しました。
誉めるだけではなくて、きちんとダメ出しもしてくれてありがたいですよね。

本当にSnow Manがどうやったら良いグループになれるか真剣に考えてくれているんですよね。
これは、Snow Manくん達も嬉しいでしょうね。

佐久間くんのこと、もっとお芝居もダンスもやらせてあげたいって思ってくれて本当に嬉しいです。
いつも佐久間くんを見ていると、本当にこの人はこのお仕事が心底好きなんだろうな~って思うんですけど、そんな佐久間くんをちゃんと見ていてくれたんですよね。

なべちゃんが、変わったなと思った時期があったんですがもしかすると滝様にその言葉をいただいた後だったのかもしれないですね。

後は、岩本くんへのお言葉が本当に温かかったです。
岩本くん、色々とありましたけど私も岩本くんはSnow Manの中では一番見た目は大きいけど実は弱い子じゃないかって思っていたので。
でも、滝様が私と同じように岩本くんにはSnow Manがいるし、自分もいるって言ってくれたこと岩本くん本当に何より心強かったんじゃないかと思います。

そして、Snow Manとファンでひとつになって欲しいって言葉は本当にファンにとっては何より嬉しい言葉ですよね。
私は、Snow Manがこの先も頑張っていってくれるなら、ファンに恩返しなんてしてくれなくてもいいです。
自分達が満足する階段を登っていけるなら、黙ってそれを見守ります。

今回、一番号泣していたのは佐久間くんで、なべちゃんもお手紙を読みながらところどころ泣いちゃってましたけど、こういう涙はいいですよね。
それにしても、佐久間くん泣き虫すぎですけど(笑)
もう、なべちゃんがお手紙を読み始めただけでウルウルしてたし、次のジュニアの舞の時にもまだウルウルしてましたし。

1つだけ滝様へ。
Snow Manとファンが1つになるのに10年は……キツイです(笑)
こちらの年齢的にね(笑)

冗談はともかく、本当に滝沢秀明という人は人として大きな片だとしみじみ思いました。
カーテンコールのご挨拶で京様が言ってましたが、そんな滝様だからこそJrのみんなも付いて行くし、付いていきたくなるんでしょうね。

滝様に心から感謝して、これからもSnow Manを出来る限り応援していきたいと思います。

スポンサーサイト
Johnnysごと 舞台 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。